南池袋斎場での葬儀・落合斎場での葬儀|東京都火葬式5万8千円【豊島区福井葬儀社】

失敗しない葬儀をするには事前相談が大切です。

0120-949-441 24時間365日

 

豊島区の福井葬儀社のサービスとは

 

 

お亡くなりになられた方がご自宅にもどれない場合の案内画像。安置施設で葬儀終了までお預かりができる説明図 福井葬儀社の事務所画像。東京都豊島区南長崎2−8−7にあります。豊島区と新宿区のさかえ目の場所になります。
お亡くなりになられた方が、ご自宅に戻れない場合は葬儀終了まで無料にておあずかり致します。ご気軽にご相談ください。 福井葬儀社事務所です。小さな事務所です。最寄は西武池袋線『椎名町駅』です。

 

 『安いだけの葬儀社ではありません。』

もしもの時を考え『どこの葬儀社はいいのか?』とお困りのこともあるかと思います。残念ながらこの葬儀業界ではお客様を得るために、安く見せる大げさな宣伝もあります。豊島区の福井葬儀社は、東京の葬儀業界の中では安く低価格な会社でありますが、皆様においては1番安い葬儀社・葬儀屋を見つけることは難しいことです。納得のいくお葬式をするには、事前相談がなにより大切です。そして価格だけを見るのではなく、相談をした印象も選択肢の1つとして大切なことです。福井葬儀社は豊島区南長崎にある小さな葬儀社です。豊島区営南池袋斎場をはじめ、火葬場併設の落合斎場での葬儀、家族葬。そして都内において火葬だけを行う火葬式、直葬をおこなっております。

葬儀社選びのポイントはこちらから

 

葬儀プランのご案内

豊島区福井葬儀社の葬儀プランは区民葬に合わせた料金からの設定となっております。そして現代の葬儀にあわせた生花祭壇を中心にご紹介しております。

 

すべてのプランに安置施設無料サービスが適応いたします。
区民葬儀と同価格でのプランから選べます。
火葬式・火葬のみプランは都内で最安値。
安置.jpg   静170px.jpg   雪170.jpg   縁170px.jpg

東京都での

火葬のみ・火葬式

58,000円プラン

 

葬儀・家族葬

『静』

278,000円プラン

 

葬儀・家族葬

『雪』

320,000円プラン

 

葬儀・家族葬

『縁en』

390,000円プラン 

 

葬儀総額費用案内・見積案 『お葬式にはいくらかかるのか?』

『お葬式には合計でいくらかかるのか?』

 豊島区営の南池袋斎場をはじめ、新宿区、中野区、練馬区で低価格で利用できる斎場を中心に食事、車両、火葬場代金などを含めた総額費用・見積案をご紹介しております。

 

2010年 日本消費者協会アンケート

全国葬儀 平均価格 1,721,309円

葬儀一式1,266,593円+飲食接待費454,716円=1,721,309円

 

 

 

豊島区
南池袋斎場での葬儀
 
新宿区
落合第一地域センターでの葬儀
 
新宿区
若松地域センターでの葬儀
         
豊島区営の南池袋斎場の画像。南池袋斎場は1階に2つの式場があり、2階に控え室があります。お亡くなりになられた方が豊島区にお住まいの方が利用できます。   新宿区の落合第一地域センターの画像。落合地域センターは地下1階に斎場があります。駐車場は3台です。利用料金が低価格なことから家族葬にはぴったりな斎場です。   新宿区 若松地域センター.jpg

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

新宿区
牛込箪笥センターでの葬儀
 
中野区
実相院如意ホールでの葬儀
 
練馬区
東高野会館での葬儀
         
新宿区 牛込箪笥地域センター.jpg   中野区実相院如意ホール.jpg   東高野会館 練馬区.gif

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

・10名様・総額費用案内

・25名様・総額費用案内

・50名様・総額費用案内

 

新宿区の落合斎場での葬儀案内

東京都の葬儀斎場の中で1番多くの方が利用するのは、火葬場が併設している民間斎場です。都内に6箇所ある民間斎場の1つ新宿区の落合斎場での葬儀総額費用・見積案をご紹介しています。選ばれるのには理由があります。

落合斎場04.jpg

落合斎場での10名様

食事込み・総額費用案内

落合斎場での25名様

食事込み・総額費用案内

落合斎場での50名様

食事込み・総額費用案内

【落合斎場が選ばれる理由】 

【落合斎場の式場ご利用について

【落合斎場の休憩室料金表 

【落合斎場の容器料金 

【落合斎場の式場料金】 

【落合斎場への交通案内 

【落合斎場の火葬について 

【落合斎場の火葬料金】 

 

豊島区立南池袋斎場での葬儀

豊島区には区が持つ葬儀専用の斎場・南池袋斎場があります。豊島区営ということで価格も57,600円と民間斎場や寺院斎場にくらべると5分の1程度の価格で利用できます。都電荒川線の雑司が谷駅から徒歩5分程度の場所にあります。都立霊園の雑司が谷霊園の奥に斎場があります。豊島区の皆様にとっは本当に利用する価値のある斎場といえます。都営豊島区の皆様へは福井葬儀社の安い葬儀プランと合わせてこの南池袋斎場をご利用していただくことをお勧めしております。それが何よりも安い葬儀となります。

南池袋斎場外観.jpg 南池袋斎場の式場.jpg 南池袋斎場の控え室.jpg
斎場外観 式場:約50名様まで着席 控え室32席

【南池袋斎場・葬儀プラン案内 

【豊島区の葬儀斎場案内 

【南池袋斎場の魅力・情報】 

【南池袋斎場への交通 

 

火葬式・直葬・火葬のみとは/東京都での火葬式・火葬のみ

今までの一般的な葬儀はお通夜、告別式を行うのが多い葬儀でしたが火葬式、直葬、火葬のみは火葬だけを行いお亡くなりになられた方とお別れをするものです。したがって葬儀斎場をお借りすることもなく、受付や会計もなく祭壇や葬儀時の飲食も無いものです。これ以上ないシンプルなお葬式の形態になります。そして、葬儀費用を抑える上ではこれ以上のものはありません。しかし、この火葬式も葬儀社により値段は大きく違います。

火葬式、直葬、火葬のみの葬儀の総額費用たいしての説明画像です。東京都では地域により火葬料金に大きな違いがあるため、皆様により分かりやすく説明しているものです。

 

対象の地域をお選びください。

地域により火葬料金が違います。

東京都では地域により火葬料金や収骨容器代が違うことで、火葬式・直葬といった火葬だけをする葬儀の総額費用は地域により違います。

【A火葬料金59,000円地域】・民間火葬場利用・総額154,144円〜

【B火葬料金0円地域】・市営火葬場利用・総額97,600円〜

【C火葬料金23,000円地域】・臨海火葬場利用・総額133,420円〜

【火葬場地図・案内はこちらから】

 

足立区

民間火葬場

【A地域】

大田区

臨海斎場

【C地域】

品川区

臨海斎場

【C地域】

墨田区

民間火葬場

【A地域】

千代田区

 民間火葬場 

【A地域】

文京区

民間火葬場

【A地域】

荒川区

民間火葬場

【A地域】

葛飾区

民間火葬場

【A地域】

渋谷区

民間火葬場

【A地域】

世田谷区

民間火葬場

【A地域】

豊島区

民間火葬場

【A地域】

港区

臨海斎場

【C地域】

板橋区

民間火葬場

【A地域】

北区

民間火葬場

【A地域】

新宿区

民間火葬場

【A地域】

台東区

民間火葬場

【A地域】

中野区

民間火葬場

【A地域】

目黒区

臨海斎場

【C地域】

江戸川区 

民間火葬場

【A地域】

江東区

民間火葬場

【A地域】

杉並区

民間火葬場

【A地域】

中央区

民間火葬場

【A地域】

練馬区

民間火葬場

【A地域】

 

 

 

 

 

 

 

稲城市

南多摩斎場利用

【B地域】

国分寺市

民間火葬場

【A地域】

多摩市

南多摩斎場

【B地域】

日野市

南多摩斎場

【B地域】

武蔵野市 

民間火葬場

【A地域】

 

清瀬市

民間火葬場

【A地域】

小平市 

民間火葬場

【A地域】

調布市 

民間火葬場

【A地域】

府中市

府中市民聖苑

【B地域】

八王子市

南多摩斎場 

【B地域】

 

国立市

立川聖苑

【B地域】

狛江市

民間火葬場

【A地域】

西東京市

民間火葬場

【A地域】

町田市

南多摩斎場

【B地域】

八王子

八王子市斎場 

【B地域】

 

小金井市

民間火葬場

【A地域】

立川市

立川聖苑

【B地域】

東久留米市

民間火葬場

【A地域】

三鷹市 

民間火葬場

【A地域】

 

 

 

 

喪主をおつとめになる皆様.jpg もしもの時の流れ.jpg 0017880.jpg 東京都の葬儀斎場のご案内画像。東京都内の御葬儀ができる葬儀斎場、葬儀式場をご紹介しております。

東京都/埼玉県・お墓掃除ができない皆様へ【お墓掃除代行4,500円より】

souji_r3_c2.gif

お墓参りの意味・お墓掃除代行案内

昔から、私たちにはお墓参りをする習慣があります。お墓を建て守っていくことは、お亡くなりになられた方への供養や感謝の気持ちを行動にすることです。そして代々受け継がれていくことが本当の意味でのご供養といえます。しかし、想いはあってもなかなかお墓参りに行くことが難しい方も現実には多くいらっしゃいあます。体調が悪くて行けない方、ご高齢で行けない方、地方に居て行けない方など理由は様々です。お墓掃除ができない皆様へ少しはお役に立てればと思い東京都・埼玉県一部地域にて4,500円よりお墓参り・お墓掃除の代行をしております。

 

somei300px225px.jpg 染井300px.jpg

施工前

 

施工後

お墓参りはいついくもの?

お墓参りはいつ行っても大丈夫です。一般的に多いのはお盆、お彼岸、命日、年の暮れやお正月に行く方が多いです。

また、悩み事があるときなどにお墓参りに行かれる方も多いです。

 

【お盆の時期と意味】

お盆はご先祖様の霊が現世に帰ってくる期間といわれています。もどってきた霊をご供養します。お盆でお墓参りに向かう少年の姿

お盆とはどういう意味があるのでしょうか。

「盂蘭盆会」のことを略してお盆と言い、ご先祖様の霊が家に帰ってくる時期だと言われています。

よく迎え火とか送り火という言葉を聞くと思います。送り火や迎え火の行い方は、その地方や宗旨宗派により営まれ方が異なります。迎え火はお墓から仏様を家に来てもらうために迎えに行くことで、13日に行われることが多いようです。また、送り火はお盆が終わってお墓に送っていくことで、15日か16日に行われます。

お迎えする時は、藁などを燃やして、その煙にのせて提灯を持って、家まで仏様を連れてきます。 また、送り火は、ご先祖様の霊をちょうちんを持ってお墓まで送っていきます。 

お墓は仏様が家に帰ってきているのですが、やはりきれいに掃除をして、お花を飾ってあげるといいでしょう。

東京都市部7月13日〜16日

地方8月13日〜16日

 

【お彼岸の時期と意味】

お彼岸は1年に春3月と秋9月の2回。春分の日と秋分の日の前後3日を合わせた1週間です。ところで、なぜこの時期に営まれるようになったのでしょうか。

春分の日、秋分の日の日は太陽が真東から出て真西に沈みます。この日が沈む真西こそ往生の願いをかなえてくれる極楽浄土があるところです。そのため阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしい時期なのです。七世紀に生きた唐の善導大師も、その著書の中で太陽が真西に沈む、春分、秋分の日没時に供養をするようにすすめています。

 

お墓掃除代行料金についてはこちらから

お墓掃除の作業はこちらから

ご葬儀の『よくある質問と疑問』【福井葬儀社】

『よくある質問・疑問』

弊社への葬儀事前相談の中で皆様からよくある、ご質問と疑問点についてまとめてみました。ご参考にしてください。

 

近所の人に葬儀を知られたくないのですが、可能ですか? 

 
可能です。

弊社では皆様のお気持ちを第一に優先し、秘密は厳守いたします。

社名入りの自動車、名札などもはずしご自宅に伺うことも可能です。

また、ご自宅がご都合が悪い場合は喫茶店やファミリーレストランなどでの打ち合わせも可能です。ご遠慮なくお伝えください。

自宅に戻れないのですが、安置施設の料金は本当に無料ですか?

 
 無料です。

東京都内安置施設料金は通常1日8,000円程度かかります。他社では勿論、利用した日数分が葬儀費用としてかかります。

福井葬儀社では『安置施設料金』は、1日8,000円を上限として葬儀社にて負担をいたします。

なるべく安いお葬式にしたいのですが、いくら必要ですか?

 
火葬式をオススメします。

・地域によりますが総額約9万円〜14万円(市営斎場利用)/総額約15万円〜21万円(民間火葬場利用)になります。

福井葬儀社の火葬式、直葬プランはおそらく都内の葬儀社では1番安い設定になると思います。(安置施設を利用した場合)

なぜ安くお葬式ができるのですか?

 
葬儀料金は葬儀社により大きく違います。

『安いから良い葬儀』ではありません。そして『高いから悪い葬儀』でもありません。

福井葬儀社は小さな葬儀社であり、その小さな葬儀社を維持していくための料金設定となるため、安いお葬式が可能です。

福井葬儀社は何をしてくれますか?

 
ご葬儀に関するすべてをお手伝いします。

お亡くなりになられた方の搬送、ドライアイスでのご遺体処置、打ち合わせ、御納棺、式場・火葬場の手配、役所代行手続き(死亡届け提出)、料理や返礼品の準備、式典の司会進行・案内、火葬場案内などすべてのことをおこないます。

福井葬儀社の対応地域は?

 
東京都内です。

基本的には東京都内を業務エリアとしております。それは、葬儀の質にこだわりを持ちたいからです。弊社では1つ1つのご葬儀を大切に、全力で取り組むことを目標としております。弊社の会社規模では都内のご葬儀をお受けすることがいい葬儀をする限界であります。

葬儀の日程はどのように決まりますか?

 
寺院(菩提寺)と皆様のご都合で決まります。

菩提寺がある場合は、まずは菩提寺のご都合を伺います。それと皆様のご都合を調整して葬儀の日程は決定いたします。それを基に葬儀斎場や火葬場の手配へと決めていきます。

【東京葬儀】東京都には葬儀の特徴があります。民間落合斎場や公営南池袋斎場の選ばれる理由。

 

東京都での葬儀の特徴

東京都での葬儀規模・形式について

以前(15年以上前)は仏式でのお通夜 、告別式。お亡くなりになられた方のご家族、ご親戚様をはじめ、知人やご友人、会社関係、ご近所様など100名以上の御葬儀が東京都でも多い葬儀規模でありました。しかし、現代では葬儀=家族葬、火葬式(直葬)といったシンプルな形式、葬儀費用を抑えたい特徴があります。そして葬儀の形式も仏式や宗教的な葬儀儀式にとらわれない無宗教の御葬儀をご要望されるかたも多くいらっしゃいます。

 

【家族葬が多い理由としては】

@親しい方のみで、ゆっくりとご葬儀をしたい。知人が少なく葬儀に呼ぶ人がいない。

A大勢の方を呼ぶと葬儀の飲食代などで費用が高くなる。

Bお亡くなりになられた方の生前の御意志によるもの。

 

【福井葬儀社は皆様の葬儀ご要望を第一として考えます。】

・葬儀の飲食はなしで考えたい。

・豪華な葬儀でなくていい。必要なものだけで葬儀をしたい。

・近所の皆様には知られたくない。

東京都での葬儀式場について 

地方の葬儀では葬儀社が持つ葬儀式場や葬儀ホールでの葬儀が主であります。

しかし東京23区では民間の火葬場併設民間斎場、公営・区民斎場、寺院斎場をお借りして2つ日間のお通夜、告別式を行う特徴があります。しかし、どこの斎場ですることがいいのか皆様にとっては難しい部分だと思います。それは葬儀の規模と葬儀費用を考えた上で決めた方がいいことです。30名様未満のご家族様とご親戚様の葬儀であれば小さめの安い公営斎場でも可能でありますが、会社関係、大勢のご友人などが弔問くださる場合には対応できる大きな葬儀斎場が必要となります。

 

@寺院の貸し式場での御葬儀 (平均25万円・様々な料金・規模の式場がある)

A区営式場でのご葬儀 (式場費用が安い・30名様までの家族葬向き)

豊島区の南池袋斎場での葬儀(区営)はこちら ◆新宿区の落合地域センターでの葬儀(区営)はこちら

B民間の火葬場の式場での御葬儀 (約24万円・30名様〜150名様規模まで)

大型葬儀にも対応できる.落合斎場について

 

【皆様のご要望にあった葬儀式場をご紹介いたします。】

葬儀式場はそれぞれにメリットやデメリットがございます。小さく安く葬儀をされたい方に大きな寺院式場をご紹介することや葬儀社の都合で自社式場を紹介することは間違いであり、皆様のご要望に合う葬儀式場をご紹介いたします。

東京都の葬儀斎場案内はこちら

東京都での火葬場ついて 

全国的に見ると、自治体が運営をしている火葬場が多いです。

 

【東京都での火葬場は】

東京都においては土地の問題や火葬場建設など住民の方のご理解が得られないのが現状で、ほとんどの方が民間の火葬場を利用する特徴があります。自治体が運営する火葬場に比べて火葬費用は高くなります。そして人口が密集していること、友引の火葬場休館日などで火葬場が不足し火葬日まで1週間近く待つこともあります。

 

【火葬日まで安置料金無料】

東京ではお亡くなりになられた方が、住宅事情などでご自宅に戻れない場合が多くあります。一般的には火葬場や霊柩車会社でお通夜当日や火葬日まで預かりますが1日8,000円程度費用がかかります。福井葬儀社では安置施設料金を葬儀社にて負担をしております。

火葬場案内はこちら

 

【火葬場混雑により5日間待った場合】

8,000円×5日=40,000円の安置料金を福井葬儀社で負担

 

▲このページのトップに戻る